アールイーで働くひと

ホーム > アールイーで働く人 > インタビュー

決して妥協をしないスタンスに衝撃を受けました

アールイーで働くようになってから約12年が経ちます。それまでは本当に色々な職種・会社を転々としました。それこそ携帯電話とは全く関係のない仕事ばかりでした。
最初は、新しい携帯ショップができるというので「ゼロからスタートするお店で働いてみたい」という気持ちで面接を受けに行きました。それが私と達知社長との出会いでした。その面接で言われた、忘れられない一言があります。それは”ここにいい人がいなければ採用しません”と言われたことです。その時すでにオープンの日は決まっていました。それなのに、いいなと思う人がいなければ採用はしないという、一切妥協をしない姿勢に衝撃を受けました。ですから、実際に採用が決まった時は「選んでいただいたからにはしっかりと仕事をしないと!」と、身が引き締まる思いでした。


期待に応えられるように頑張ろう、という誓い

当時はまだ携帯電話の液晶が白黒からカラーに変わろうとしていた時代で、機能はもちろん通話が中心の時代でしたが、それでも想像以上に大変なこともたくさんありました。ただ最初は大変ですが、覚えてしまうと意外と楽ですし、すごく楽しい仕事だと思います。それまでは職を転々としていた私ですが、一転してアールイーでこんなに長く働けるとは思ってもいませんでした。
長く続いている理由のひとつに、素直に”仕事が楽しい”ということがあげられると思います。ここでの仕事は、日々同じ仕事の繰り返しではなく、むしろ全く違う仕事に出会えるのでとても新鮮です。常に同じお客様を相手にする仕事とは違いますし、手続きも異なります。毎日様々な変化に直面することが、飽きることなく仕事を続けられる理由だと思っています。

オリジナルの問題集や勉強会など、工夫して誰でも覚えられるように

普段は、数字の管理や販売管理、softbankとの交渉などの業務を行っていますが、社員教育やスタッフの様々な相談にのってあげることも大切な仕事のひとつです。アールイーに入社してみようかなと思っている方の大半は、複雑な仕事内容が覚えられるかどうか、心配されているのではないでしょうか。確かに覚えなければならないことはたくさんありますが、大丈夫です、必ず覚えられるよう、勉強会やアドバイスを行って工夫しています。例えば、毎日の掃除のときに携帯電話を拭きながら、同時にカタログも見て覚えるようにしたり、手続きが覚えられない場合はオリジナルの問題集を作ったり、図にして覚えられるようにしたりしています。アールイーへの就職を考えている方はまず、自分がそこで働いている姿をイメージできるかどうかが大事だと思いますね。


【転職される前はどんな仕事をされていましたか?】 宅配業の事務や化粧品の訪問販売、大型トラックの運転手に104の電話交換手など、みんなに驚かれるぐらい、本当に色々な職種を経験しました!新しいことをすぐやってみたくなるんです。
【休日の過ごし方】 ビーズでアクセサリーを作ったり、マスコットを作ったりして過ごしています。何かを作ることが好きなんです。


このページトップへ